注目キーワード
  1. 出会い
  2. マッチングアプリ
  3. 婚活

SEO対策とは?ブログ初心者から脱却する方法


SEO対策とは?

検索エンジン最適化のことで様々な対策をして自分のサイトを上位表示することです。

検索エンジン約7割がGoogleとなっており、残りの3割のYahoo!はGoogleの検索エンジンの仕組みを使っている為、SEO対策=Google対策と言って良いでしょう。

Googleの理念:ユーザーファースト

Googleの理想とするコンテンツは、検索ユーザーの役に立つコンテンツとなっており、ユーザーの使いやすい検索エンジンを追求してます。

SEO対策での上位表示に関わる要素とは?

検索順位を決める要素は幾多とあるのですが、その中でも次の3つが順位に影響しやすいと言われてます。

【SEO対策における重要要素】

・キーワード設定

・ドメインパワー

・ユーザー体験

 

キーワード設定

まずSEO対策において重要なのが「キーワードの設定」です。

Googleでは検索ユーザーの需要にマッチしたコンテンツを上位表示してくれます。
その検索需要とのマッチングしているかの判断材料が「キーワード」なのです。

例えば「SEO対策とは」と検索したら、タイトルに「SEO対策とは」と書かれた記事が上位表示されやすくなります。ユーザーの需要にマッチしているからですね。

タイトルにはキーワードを入れ、記事内にもキーワードを含ませて書くのが大事です!

そのため「SEO対策とは」というキーワードを狙いたいのであれば、SEO対策で悩んでいる人(ターゲットユーザー)の悩みを記事内で解決してあげることが大切です。

 

ドメインパワー

SEO対策では「ドメインパワー」も大切です。

たとえキーワード設定が完璧でも、ドメインパワーが低ければ上位表示にはなかなか至りません。

厳密にいうとSEOにおいて「ドメインパワー」という指標はないのですが、一般的にサイトの力のことを分かりやすく表現するために使われます。

「ドメインパワー」には様々な要素がありますが主に以下のような条件を満たすとドメインパワーは高まっていきます。

【ドメインパワーを高める条件】

・運営歴が3ヶ月以上

・アクセス数を集める

・質の高い被リンクの集まっている

このような要素があるサイトは「ドメインパワー」が強いため、競合サイトよりも上位表示しやすい傾向があるということです。

ユーザー体験の優れたコンテンツ

ここ最近になり重視され始めているのが「ユーザー体験」という指標です。

ユーザーの満足度みたいなものでその満足度が高いほど上位表示されやすいことです。

「このサイトは、ユーザーの役に立つコンテンツなのか?」と指標の1つとしてみられています。

「ユーザーの役立つコンテンツ」の指標は、明確にはわかっていませんがユーザー体験に優れたコンテンツとは以下のようなものだと言われてます。

【ユーザー体験に優れたコンテンツ】

・検索意図にマッチしたコンテンツ

・読みやすいコンテンツ

・ユーザビリティの高いコンテンツ

・表示速度の速いコンテンツ

「検索にマッチしている」「読みやすい」といった条件を満たしているほど、ユーザーにとって理解が深まるので悩みが解決されやすくなると思います。

ユーザーの「滞在時間」や「直帰率」といったユーザー体験がスコア化されて順位に影響しているとも言われてます。

SEO対策するのに重要なことは
ユーザーの役に立つコンテンツ作りをしていくことです。

最新情報をチェックしよう!